ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

500円で料理を提供した板前が半年間、徹底的に大切にしてきた1つのこと

自己紹介

f:id:boriesy:20170206111645j:image

こんにちは、半年前に勤めていた都内の料亭を退職し、いまは料理のオンラインサロンの運営や、都内を中心の出張調理をお仕事として活動しています。ぼりです。

個人の活動を始めてから半年、ようやく普通に生きていける程度には収入を得ることができてきております。

 

先日、自分の1日を50円で売ることで大忙し、「ホームレス小谷」さんのファンクラブ、「小谷家族」のオフ会をぼくの住んでいるシェアハウス「ハイパーリバ邸」にて主催代行させて頂きました。

 

それで、オフ会開催費用である、料理の会費をあくまで原価分だけの「500円」という価格で設定させて頂いたんです。

ぼくが現在メインの仕事として行っている出張調理では1人前6000円、もしくは1時間1500円にて出張しているので、仕込み時間やらなんやらを考えたらめちゃくちゃな大赤字でした。

 

そしてこれまでも、料亭を退職してから半年間、「豚の角煮投げ銭パーティー」「出張まかない」など様々な「金にならないこと」を続けてきました。

ただし全く自己犠牲に生きているつもりはありませんし、現在ちゃんと生きていける分の収入を確保できるようになりました。

 

ぼくの全ての行動が、現在「えんとつ町のプペルをネット上で(のみ)無料公開」の件で絶賛炎上中の、キングコング西野亮廣さんから感銘を受けているものです。

 

ここについてのぼくの考えや、実際に起きてきたことを書きたいと思います。

 

認知してもらわないと何もはじまらない

f:id:boriesy:20170206112116j:image

ぼくの住んでいる「ハイパーリバ邸」は昨年の7月に、クラウドファンディングにて多くの方から支援を頂き設立することができました。

 

ぼくを含めた7人のメンバーで開始したクラウドファンディングですが、当時まだ料亭にお勤めをしていたぼくは、それまで一個人として誰かに何かのサービスを行うといった経験は皆無。

 

苦し紛れに料理に関していくつかのリターンを用意しましたが、当然ながらあまり人気はありませんでした。

 

それもそのはずです。ぼくが何者なのかなんて全く知ってもらえていない、そんな状態でいきなり「このぼくがサービス致しまっせ!!」って言ったって誰も反応なんてしてくれないからです。

 

ぼくのことを知らなければ、当然料理も食べたことはないのだから。

そこからぼくは個人の活動をはじめるにあたり、まず「知ってもらう為の活動」をはじめました。

 

実際に行った活動はこんな感じです。

  • 出張まかない(材料を用意しない出張調理)
  • レシピブログにて料理情報を公開→ぼり飯.com
  • 自分の料理を「ぼり飯」って書いてSNSに投稿する

ここには基本的に全くもって利益は発生していませんでしたが、とにかく自分の料理を知ってもらう為。そして信用してもらう為の活動です。

 

この対価を無視した活動をはじめたときとこんな声を投げられました。

  • 価格を設定しないなんてプロじゃない
  • 料理人が自分の料理レシピを公開するなんてどうかしてる

言いたいことはわからなくもありません。

ただしぼくは価格は確かに落としたけど「自分の仕事」を安売りしているつもりはありませんでした。

 

これがただの自己満足の為であれば、わざわざ自分の料理を時間をかけてわかりやすくネットにレシピとして公開する必要なんて全くありません。

 

じゃあなんでこんなことを半年間も続けてきたのか。

そこにはちゃんと、無名のぼくが「まず知ってもらえる」という大きな対価があったからです。

 

無償提供で得た結果

f:id:boriesy:20170206112205j:image

ぼくは1月の出張調理のメイン料理であった「豚の角煮塩麹仕立て」のレシピを完全に公開しています。

 

料理中の写真も丁寧につけてあるので、レシピに書いてある通りに作れば、ほぼほぼ同じ味の豚の角煮を作ることができます。

 

「じゃあわざわざ高いお金払ってぼりを出張調理で呼ぶ必要はないね」ということに当然なりますが、この豚の角煮を作るにはいくつかの難点があります。

  • 時間がかかり過ぎる
  • めんどくさい
  • そもそも料理をしない人は写真だけ見ることになる

ぼくは基本的にこの「豚の塩角煮」を自宅で仕込むレベルの料理好きの方はお客さんになるとは考えていませんでした。

 

塩角煮は料理好きじゃないと作る気にならないレベルのめんどくささなんです。

 

そしてネット上に無料公開し、色んな人に見て頂いた「ぼりの塩角煮」は大失敗をしかけたぼくのことを助けてくれました。

 

角煮が人を呼んだ

f:id:boriesy:20170206112446j:image

ぼくは昨年末に「ぺーたーず」という3人組のクラウドファンディングに協力参加しました。

このお三方がものすごく好きで、クラウドファンディングを始める前から超応援していたんです。

そしてこの企画。

www.ooborisatoru.com

 

内容としては、「ぼくが軽い軽食を出すぺーたーずの新年会を開催します」って感じ。

 

ところがどっこい、数日経って見直してみたのですが、このイベントの集客が超滞っていたのです。

これには本当に焦りました。超応援するつもりだったのに何か足を引っ張っている感じになってたので。

 

その時に必死の思いで書いたブログが結果を産みます。

www.ooborisatoru.com

この時、「ぼくがサービスで角煮を出すので、みなさんどうかきてくださいっ!!」ってお願いしたんですけど、この記事を公開したその日のうちに「ぼり×ぺーたーずの新年会」のリターンは売り切れちゃったんです。

 

「めちゃくちゃ本気でお願いした」という一番大切な面も踏まえた上で、コメントの多くは単純に「角煮に釣られました」「どうしようか悩んでいたところを角煮に押し切られました」とのこと。

 

なんでレシピを公開している角煮がこんなに集客できたのか。

人間が行動を起こす動機は「確認作業」だからです。

 

人はイメージのできないことには行動を起こさない

f:id:boriesy:20170206112510j:image

*写真に全く意味はありません

 

ここから感銘を受けたキングコング西野さんの著書、「魔法のコンパス」からの引用になります。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

人が時間やお金を割いてその場に足を運ぶ動機は、いつだって「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。

 

人は未体験のものに出会えた瞬間に感動するけど、そのくせ、未体験のものには、あまりお金や時間を割こうとはしない。

時間やお金を割いて、その場に足を運ぶ動機は、いつだって「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。

 

たとえば、イタリア旅行に行って、グルグルと観光地を巡っている時に、「ここからタクシーで5分のところに、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が展示されていますよ」という情報が入ったら、絵画にはさほど興味がなくても、「ま、とりあえず観に行く?」とタクシーに乗り込んじゃう。

小学生の頃に「最後の晩餐」がクソほどの画素数で教科書に載っていて、一度、自分の頭の中にインプットしていたから、その行動が生まれたわけで、「ここからタクシーで5分のところに、どんな絵かは分からないけれど、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた絵があるらしい」では、よっぽどの絵画好きでない限り反応しない

「魔法のコンパス」より引用

これをぼくの仕事である「料理」で考えると、実際に食べてもらうことや、多くの人の目に触れておくことがすごく大切ということ。

だからぼくはレシピブログには自分の持っている情報をケチらずに詰め込むし、料理を食べてもらう機会があれば色んなところで構わず料理した。

 

どんな形であれまず、「認知してもらっていること」というのはめちゃくちゃ重要です。

仮にどんなにいいサービスがあったとしても、それがどんな商品、サービスで自分がそれを利用することがイメージできなければ人は行動しない。

 

このことを踏まえた上で「認知してもらう為」に発信もサービスも続けてきました。それはこの記事を書いている今も変わりません。

 

現在の活動でできてきた地盤

f:id:boriesy:20170206112633j:image

こうした活動を続けてきたことで、ぼくは現在なんとか生きていけるくらいの収入を得始めることができるようになってきました。

 

ふとしたときにぼくのことが頭の片隅に残っている方からお仕事の声をかけて頂けたり、ぼくのレシピを料理ブログ「ぼり飯.com」で公開していることで、現在オンラインでの料理サロン「らくっきんぐ」の運営をできるようになりました。

 

全てが想像できていた結果ではありません。ただ、積み立てて来たものがすこしずつ形になってきてくれていることは実感しています。

今、何か新しいことをはじめたときにも最初に見てくれる、応援してくださる方は、圧倒的に一度実際に関わった方が多いから。

 

まとめ

f:id:boriesy:20170206112708j:image

ぼくは会った人に信用していただける人間であるという自信があるし、自分のサービスにも「後悔」させないという自信を持って活動しています。

なので、「信用に足ると思える自分」のサービスの幅をどうやったら広げられるのかを考えた。

 

そしてまずは徹底的に「ぼくを知って、信用して頂くこと」に時間と体力を費やしてきました

半年間の間に知って頂いた多くの方に仕事をいただき、本当にありがたいことに今こうして生きられるようになってきています。

 

既になにか大きな看板を手にしているわけでもない一個人がサービスをはじめるとき、「知ってもらう為、信用してもらう為」の発信がどれだけ大切かを改めて体感して結果に表れた半年間でした。

 

もし何か自分の活動をはじめようと迷っている方は、ブログじゃなくてもかまいません(ブログだと色々なメリットがありますが) 。

でも少なくともまずは口に出して、その行動をちゃんと発信すること。そして知ってもらうこと。

SNSが当たり前の時代なので手段はいっぱいあります。ひとつの生き方として「発信すること」はすごく大切。

新しいことをはじめようとすると周りの目がすごく気になるけど、まず行動を始めた時点で9割の「何もしていない人」より一歩前に出ることができます。

そんな方にとって「知ってもらう為」に発信をしてきたぼくの半年間が何かの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

と、いうことで最終的にゴリゴリの営業になります。ぼくは文中にも書いた通り、オンラインでの料理サロンを運営しています。

月額980円で、ぼくを含めた3人の料理人に常に質問をできる状態であり、料理名を打ち込んでもらえれば自動で返信するLINEなどのサービスもついています。

 

もしよかったらぜひぜひご登録くださいませ。当然ながら後悔させないサービスとして自信を持っています。

www.ooborisatoru.com

 

さらにさらにぼくと直接メッセージのやりとりができるLINE@なんかもやってます。

なにかぼくに話したいことがある方なんかはぜひぜひこちらに登録して頂けたらと思います。

こっちは2月中のみの特典もついております。

www.ooborisatoru.com

 

来月からどんどんリアルでの活動の幅も全国に広げていくので、今後ともこの「ぼりログ」や実際の場を通してぼくの活動を見守って頂けたら嬉しく思います!

 

以上、ぼりでした!!

 

キンコン西野さんのオススメ著書
魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

 

【iQOS(アイコス)】シンプルでオススメのヒートスティック収納ケース付カバー&アクセサリー10選

紹介

f:id:boriesy:20170202154246j:image

こんにちは、先日ようやく町のタバコ屋さんでiQOS(アイコス)を手にすることができたぼりです。

 

調べてみたらAmazonでも売ってるんですね。それ自体を知りませんでした。

ちょっと高いけど色んなところを探し回る時間が勿体無いと感じる人はさっさとAmazonで買ってしまってもいいんじゃないかな…っていうのが実際の感想です。

iQOS(アイコス) ホワイト

iQOS(アイコス) ホワイト

 

  

ぼくは仕事柄、タバコを吸うと手や服に臭いがつくのでiQOSを購入しました。

 

実際に使ってみた感想としては最初の1週間くらいは味に慣れなくて、その後は普通のタバコと感覚の違いなく味わうことができています。

あと、10日くらい経った頃から、タバコの臭いが気になるようになってきました。

喫煙者と非喫煙者の間に立っているような気持ちです。

 

ぼく自身は周りの人から「たばこ臭くなくなった」と言われるのでこれはありがたい。

喫煙者というだけで嫌がられるので、ちょっと生きやすくなりました笑

 

ただ、iQOSってすごく汚れやすいんですよね。あと壊れやすい(らしい)。

ぼくは2週間使ってみたところなのですが、案の定ホワイトは汚れが目立ちやすいので気になってくるようになりました。

f:id:boriesy:20170202154522j:image

 

せっかく買ったものだし大切に使いたいので、ケースは絶対に必要なのですが、ぼくは結構そこのこだわりが強いので結構悩みました。

 

買った時にすぐに揃えるべきだったと後悔しつつも、急いでケースを探すハメになりました…

色々と他の方のレビューなどを参考にしてみたのですが、なかなかいいものが見つからなかったので、自分で探し求めた中で「これいいっ!!」って思ったものをジャンル別に紹介いたします。

 

ジャンル別iQOS(アイコス)アクセサリー10選

本体収納ケース、チャージャー、アイコスホルダー、ヒートスティック収納付きケース、のジャンルに分けてご紹介します。

 

本体収納ケース

まずは本体を収納するケース。すくなくともこれは持っておきたいです。

 

【NOSTEEZ】 iQOS アイコス ケース ブラウン レザーケース

ベタに間違いのないシンプルなレザーケース。ブラウンは2980円ですが、ブラックは2280円。

ネイビーが気に入らない人はブラックがオススメです。

ボタンと充電部分にはしっかりと穴が空いています。

 

改良版 iqos 専用ケース シリコン アイコスIQOSケース MONOJOY

 シリコンタイプのケース。1285円と安価。カラーバリエーションも5種類あるので、安く保護ケースを手に入れたい人にオススメ。

 

ヒートスティック収納付きケース

続いてはヒートスティック(たばこ)の収納もついたケースです。

 

アイコス自体が大きいので、今までタバコと100円ライターで済ませてきてたぼくにはちょっと持ち運びづらいのが難点でした。参考にしたのが全てまとめて持ち運ぶことのできる収納付きケースです。

 

ぼくはポケットやかばんの中でいちいちバラバラになってしまうのが面倒な方はちょっと大きくなってしまいますが、コチラをオススメします!

 

GABRIVELLA アイコスケース 

 本体とヒートスティックの他に予備のチャージャー、カードの収納までついたケース。

スマホと同じくらいの大きさになります。

カラーバリエーションが9種類と豊富なので、好みのものが見つかりやすい。

 

アイコスケース 本革 レザー iQOSケース マグネット開閉式

 

シンプルなデザインとマグネットの開閉が魅力だったのと、無駄なひっかかりがないことに使い勝手を期待。全体的にシンプルなデザインなので好きなのですが、使用時は一度本体とヒートスティックを少し出さないといけないのが考え所です。

 

チャージャーアクセサリー

続いてチャージャーアクセサリーのオススメです。人とはかぶりたくないぼくの少年の心がくすぐられます。

 

 IQOS CAP アクアブルー
IQOS CAP アクアブルー

IQOS CAP アクアブルー

 

 頭部だけをオシャレにしたい方に。

 

 【iQOS アイコス】ホルダー専用スキンシール 高品質ステッカー ホルダーのボタン部分にワンポイント 5色セット

 ホルダーのスイッチ部分にワンポイントのカラーを入れたい方に。

 

IQOS HOLDER アイコス ホルダー 限定カラー 2017 未開封 シルバー メタリック 電子タバコ SILVER

シルバーでできたヒートスティック。人と被らせたくない人にはあきらかにオススメ。

2本持ちの人なんかにはかなりオススメできます。

 

 

その他備品

アイコス自体が整備が必要だったり、バッテリー式だったりするので、周辺機器も持っていると更に満足度が高まります。

 

IQOS CLEANING STICKS PACK of 30
IQOS CLEANING STICKS PACK of 30

IQOS CLEANING STICKS PACK of 30

 

アイコスを使っていたら間違いなく必要な手入れ。本体購入時についているクリーニングスティックがすぐになくなってしまったので、まとめて買いました。

手入れしたあとに初めて分かるのですが、ぜんぜん吸いやすさが違うのでコマメな手入れは必要になるかと思います。 

 

 Anker PowerCore  (モバイルバッテリー) 

これ、めっちゃ大事です。ぼくはアイコスの他にiPhoneとBluetoothヘッドホンを常に持ち歩いているのですが、これのおかげで充電の悩みからは解放されました。

それぞれの充電がなくなったところからでも全てフルに充電してもまだ容量が余っているくらいの大容量なので常に持ち歩いています。

 

まとめ

最終的なぼくの判断として以下の点を考慮しました。

  • 荷物として大きくなりすぎないこと
  • シンプルであること
  • 本体をしっかりと保護できること

 

ポチったのはコチラです!

 

後日届いたら改めてレビューを追記します〜!!

以上、ぼりでした!

自転車で看板くぐるのミスって救急車に乗った話

おばかな話 自己紹介

こんにちは、もうすぐ三十路を迎えるのに先日ダッシュで階段を登ろうとして足をひっかけて転び、スネを痛めたぼりです。

 

この歳になっても未だにこんなことをする自分にあきれ返っていると、ふと高校生時代に犯した大失敗のことを思い出したので、ここに記します。

 

 

 

先に書いておきますが、この記事を読んでも誰も何も得をすることはありません。

 

落ち着きのなかった高校2年生のある日

時を遡ること10年以上前。高校2年生だったぼくはとても落ち着きのない男子でした。もちろん童貞です。

 

吹奏楽部に所属していたぼくは、20時頃に部活を終えて友人と先輩と3人で自転車に乗って帰路に。

 

3人での帰宅途中に、ぼくはなぜかテンションがぶち上がりました。

おそらく理由はなかったかと思います。

 

ひとつ目の事故

急にママチャリを立ち漕ぎし始め、彼らを置いてぼくはだだっ広い潰れたパチンコ屋の駐車場に入っていこうとしたその時です。

 

 

 

シャーンっ

 

 

 

金属音と共にトップスピードだったぼくの自転車は完全に動きが止まりました。

駐車場の入り口に張ってあった鎖の存在に気づかずに突っ込んでしまったからです。

f:id:boriesy:20170118142748j:image

 

自転車のT字ハンドルにトップスピードでち◯んこをめり込ませたぼくはしばらくその場で身動きが取れなくなってしまいます。

 

友人や先輩から「バカなの?」という言葉を浴びせられながらなんとか回復。

今思えばこの時に反省しなかったことが後に起こる大事件の引き金となったのでした。

 

2つ目の事故

心が折れなかったぼくは先ほどよりも更に加速して自転車を立ち漕ぎします。

 

 

バカです。

 

 

潰れたパチンコ屋から500mもないところで中華料理屋の看板を発見。

ぼくの頭の中には「くぐる」以外の選択肢はありませんでした。

 

 

この発想もバカです。

 

 

ママチャリを最高速度にまで加速。

 

頭を下げて看板をくぐるタイミングでぼくの意識は一旦飛びます。

気がつけばぼくは看板の下に倒れていました。

 

 

周りを見渡すと、焦って駆けつけてきた先輩と友人が困惑していました。自転車はかなり遠く離れたとこに行っています。

 

友人に聞きながら状況を確認すると、ぼくは看板をくぐる時に、その下にあった黒い鉄の支え棒に気がつかず、看板をくぐる事に失敗したようでした。

 

その瞬間を絵に描くとこんな感じです。

 f:id:boriesy:20170118142803j:image

 

 

バカです。

 

 

救急車へ

ここからはちょっと笑えない事態になっていたのですが、おでこと眉毛の部分をがっつり怪我しており、結構血だらけでした。

 

意識がしっかりしていたので、「お前本気のバカなの!?」ってあわてふためきながら救急車を呼んでくれてる先輩にはしっかりお礼を言って、ぼくは自分の携帯で母親に連絡しました。

 

自転車で看板にぶつかって怪我したから救急車乗りますごめんなさい

 

 

ちょっと意味がわかんない

  

母親とはいえ当然の反応だったと思います。

 

未成年とはいえ高校2年生になった男の子が自転車で看板にぶつかって救急車に乗ることってあんまりないと思うので。

 

今のところ30年生きてきたなかで、ぼく以外にそんな人にあったことはありません。

 

救急車で搬送されたぼくは眉毛とおでこの部分を合わせて14針を縫う大怪我でした。

あと、地面に叩きつけられたタイミングでアゴと前歯がぶつかって、前歯も1本半分くらい欠けてました。

 

翌日以降の恥

包帯でぐるぐる巻きになって帰宅したぼくは、とにかく眉毛がなくならないかどうかが心配でなりませんでした。

 

翌日、自転車は事故現場に置きっ放しだったのでバスで通学。

 

ぼくも高校2年生の男子です。クラスのみんなにはさすがに「自転車で看板にぶつかって14針縫った」なんてとても恥ずかしくて言えません。

 

でもいきなりクラスメイトが頭に包帯をぐるぐる巻きにして登校してくるんだから放っておいてはくれません。

質問攻めの中で「言うタイミングみつけなきゃな〜」って思っていたところで教室の窓が空きました。

 

ぼり!お前誰にやられたんや!?言ってみろ!やっつけてきてやっから!!

 

 

隣のクラスのヤンキーです。ぼくは工業高校だったのでこういう男臭い気溢れるひとがたくさんいました。

でもぼくを打ちのめした相手は他校のチンピラでもなければ年上でも年下でもありません。ただの鉄の棒です。しかも相手には何もされていません。

しょうがないので、このタイミングで言ってしまおうかと思って勇気を出して口にしてみました。

 

自転車で看板にぶつかった(小声)

 

 

としか言えません。たったこれだけの事実なので。

しかしこの言葉は信じてもらえず、逆にヤンキーの興味をそそったようで、

 

口止めされとるんか!?大丈夫やから言ってみろ!!

 

 

と、ぼくを痛めつけた相手(架空のいじめっ子)の素性を聞き出そうとしてきます。

 

(もうお願いだからほっといて…)

 

 

改めてぼくはことの顛末をちゃんとみんなに説明しました。

公認のバカの誕生です。

 

ぼくは基本的に学校が大好きなタイプの人間だったのですが、この時期だけは恥ずかしさと、なくなるかもしれない眉毛の不安をこぼしに保健室に逃げ込んだほどです。逃げるは恥だが役に立つ。

 

残った古傷

包帯から絆創膏へ。汚名とともに徐々に薄れていった傷もようやく癒え、とうとう抜糸の日を迎えました。

 

その当時はこんな感じになっていたと思います。

f:id:boriesy:20170118142822j:image

 

見て初めてわかったのですが、眉毛に沿って怪我をしていたぼくは眉毛を沿って、新たに描いたかのようになっていました。

 

この傷跡は未だに残っておらず、初対面の人にいまだに「え、眉毛書いてんの?」って聞かれます。

 

さいごに

これでこの記事は終わりです。

 

この記事に何の価値もないことは冒頭にも書いてあったので、特に謝る気持ちはありません。

みなさんの貴重な時間をぼくの眉毛の話におつきあいくださってありがとうございました。

 

自転車の運転と看板の下の黒い支え棒には十分お気をつけくさだいね。

 

以上、ぼりでした。

 

1年以上書き続けて実感した「ブログを書くことのメリット」を3つあげます

ブログ論

 

 

こんにちは、最近もっぱら自分は一体何が本職なのかハッキリしていないぼりです。

 

でも、少なくとも1年以上(一昨年の11月から)ブログを書いているので、「ブロガー」と名乗っても問題ないと思います。

 

こうして1年以上ブログを続けてきていると、文章を書くことが割と普通になってきました。小学生の頃、得意科目が「算数」だったぼくからは想像も出来なかった将来図です。

 

ブロガーというとまだまだ「何それ?」ってなるのが一般的な世の中なので、今日はちょっと実際に「ブロガー」を1年以上体験した身として、「ブログ書いててよかった〜」って思った3つのメリットをお話します。

 

ブログを書いたことのない人に向けてこの記事を書きます。

続きを読む