ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

会社で働く時に、いわゆる「おばさん」に逆らったら死ぬって中学校のときに習いました

仕事術

f:id:boriesy:20151220112628j:plain

ぼりです!

 

 

 ぼくは中学校時代の時の記憶なんてあんまり残っていないのですが、なぜか今でも心に鮮明に残っている言葉があります。

 数学の先生(もう名前すら覚えていないけど)が、急に授業中に語り始めた事でした。

 爬虫類系の数学教師が放った一言

 「みんなこれから大人になっていっていつか働く事になると思います」

 

 この時点で子供時代の聞く耳持たずモードが発動して、ぼくの耳は完全に塞がれてしまっていたのに、次の言葉から ぐんぐん「聞く耳」をもつことになります。

 

 「会社に入ったら絶対に女性、特におばさんからは嫌われちゃいけないよ

 社長にも課長にも嫌われてもいい、けど女性が1番怖いから」

 

 正直その時は思わず笑ってしまったのですが先生はマジでした。

 そして悪いけどその先生、身長は高いけど、ハゲてて爬虫類系の顔だったんです。

 

 予想ですが、おそらく授業でその発言をする前に中年女性を敵に回して痛い目にあってしまったのでしょう。

そんな愉快な妄想のおかげでこの名言は僕の頭の中に鮮明に残っています。

 

女性には何をしたって勝てません

時を経て大人になったは工場勤務、佐川急便時代に「女性の強さ」を目の当たりにしました

 

  •  社長にタメ口をきく経理のおばさん
  • 嫌いな上司にだけお茶を出さないおばさん
  • グループを作って気に入らない上司を正論掲げて潰しにかかるオバサンズ

それを目の当たりにしたぼくは、すぐさま「かわいい男の子スイッチ」を入れて安全圏に入ることを選びました。

 

ぼく、ぽっちゃりしてるんでおばさん受けいいんです。

するとこれも驚き、おばさんたちは無害な人間には劇的に優しいのです。

もうアメちゃんとかめっちゃ貰いました。笑

おばちゃんて大体カバンの中に袋ごとアメちゃんもってますね。

 

板前の世界も一緒でした

こうしてセーフゾーンを保ったまま無事に佐川急便を退職。

板前の世界に入りました。

板前さんてほんと亭主関白みたいな人が多いんです。

だから接客の仲居さんに対してもけっこうキツイあたりとかをしたりするんですよね。この世界では「さすがに料理人が立場のピラミッドの頂点に来るのかな?」 なんて思いましたが。ここでもやっぱり女性は最強です。

 

先輩の「仲居さんに厳しい昔ながらの無口な板前さん」を一人じゃ手に負えないので社内ミーティングでコテンパンにやっつけていました。

 

さいごに

こうしてぼくの中では、現在進行形で「女性には勝てない」が真実味を増してゆくばかりです。

 

以上、ぼりでした。