ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

残業ばっかして偉いと思ってるひとはさっさと家に帰って晩酌しようよ

大事な言葉

f:id:boriesy:20151220184751g:image

ぼり@板前ブロガーです!

日本人にとにかく多い「残業」について。

 

 ぼく、残業ばっかしてました。

まず最初に。高卒後、最初に働いていた工場では残業時間が80時間を越えるとその先の残業代は支払わない、また社長からのお叱りを受けるという事がありました。
当時の僕は「なぜみんなよりも会社のために自分の時間を犠牲にしているのに怒られるのか、むしろ80時間を越えた社員には更に割り増しで与えたっていいんじゃないのか」とグチっていた記憶があります。
大バカものでした。仕事できない奴の言う事です。
 

残業という概念がないお仕事

そんな僕も板前の世界に入って、はじめて残業代というものが全く出ない世界に入るわけですが、いまはお給料に対して1番の意識を置いていないので正直どうでもいいんです。
けど、それとは全く頭を切り替えた考え方でとにかく時間を無駄にするのが嫌いなんです。
恐らく佐川急便で徹底的に時間の概念を叩き込まれたことから起因するのですが、無駄に朝早く出勤したり、夜の営業が終了したのにダラダラと仕事をするのが大嫌いなんです。
 
あ、でもぜい肉はダルダルです。
 
増してや月給制で働いているにも関わらず日々の労働時間を長くとるという事は時給を下げているという事風にも考えられます。
 
じゃあ家に帰って何をするのかっていったらタレパンダみたいにベッドに寝そべるかビール飲むかブログ書くくらいなんですけどね。
 
営業終了後、包丁を研いだり、自分の苦手な分野の技術を習得しようとする時間、自分に投資する時間は惜しみませんが、効率が悪くムダな時間を過ごす事は自分に対して失礼な行為に思えます。
 
 

さいごに

それならばこうやってタレパンダみたいな姿勢でブログを書いて、自分の頭の中を整理しながら日々精進していきたい。
 
そしてこれは後輩にも強く伝えます。
  • 長時間労働は恥と思え
  • 自分の作業にムダはないか常に考えろ
 工場作業員の時とは真逆の考え方になっちゃいました。
もしかしたら今後輩たちは昔の僕と同じような不満を抱いているのかもしれませんね。
 
こんなだらしない体型の先輩に言われる後輩はさぞかし一言言い返したい気持ちはあると思いますが、どうか理解していただきたいものです。
 
以上、ぼりでした!