ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

成功者になる為の準備。3つの捨てることについて

仕事術

f:id:boriesy:20160115000341j:plain

僕はまだまだ「成功した」と胸を張って言えるまでには程遠い存在です

ですが結果は後からついてくると思っているので

自分に成功者の考え方や行動を身につける事がとても大事だと思っています。

今まで格言を残してきた偉人も成功する前から同じ事を言い張ってきたはずです。

そしていろんな著書や実際にお会いした僕が「成功者」だと思う人は

みんな「捨てる」事がとにかくうまいです。

自分の頭の中を整理知る為にも「捨てる」事についてまとめます。

 無駄なものを捨てる

捨てるといったたまず最初に思いつく事ですが

仕事のできる人の共通点として、物が洗練されています。

前記事にも書いてあるのですが身の周りに使わない物はありません。

 

boriesy.hatenablog.com

 いちいち物を探す必要もないし、

「これとっておいたらいつか使えるかもしれない」みたいな考え方はしません。

むしろ「必要な時がでてきたらまた買えばいい」とすら聞いた事もあります。

僕は捨てるかどうか悩んだ時に1年以上使ってない物だったら捨てます。

余計な時間を捨てる

余計な時間というのも人それぞれだと思うのですが僕にとって不要な時間とは

  • 考え込む時間
  • 付き合いと呼ぶ関係
  • ウィンドウショッピング

です。悩んだり考えたりって割とすぐに自分のなかで答えはでているはずなのに

「ああ、でもやっぱり…」みたいにどっちつかずになってしまう時があります。

その時間がとても無駄なので僕は決断は割と早めに下してしまいます。

決めて、迷わず行動に起こしてもし間違っていたな。と感じた場合はそこで改めて

行動を改善する。謝罪が必要なら頭も下げます。遠回りした結果になっても

何もせずに「悩んだフリ」をして何もしないよりはよっぽどいいと思うので。

 

また「付き合い」についてですが、僕は結構飲みに行く方の人間です。

人と喋るのも好きだし、いろんな人の話も聞きたい。

では僕にとっての「付き合い」の飲み会の定義とは本音を言えない飲み会の時です。

「上司を立てる」だとか「ご機嫌取り」の飲み会にはまず行きません。

それも社会で生きて行くためには必要だという意見も耳にしますが

僕は上司であっても「違う」と思ったらNOと言える、形だけではない「信用」

を築く方が大事だと思うし、

人対人として接する方がちゃんとした信頼関係が築けるとおもっているので。

 これは友人関係においても一緒で本音を言い合える間柄じゃないと

個人的には友人とは思えません。

気を許し合える時間でない限りなんだか時間とお金を損した気持ちになります。

 

買い物については目的なしの買い物には行かないようにしています。

先に買いたいものをある程度イメージを絞らないとまず家をでません。

目的ではないものにまで目がいくと時間があっという間になくなってしまうので。

あと必要ないものまで買ってしまって家に「使わない物」が増えるのも嫌です。

ただしこれは自分一人の時に限ってであって、女の子とブラブラするのは大歓迎です。

1つの雑貨についてで買わなくても10分は遊べます。

その時間他愛もない時間になら他の時間を割いたっていい。

そうやって作り出した時間は何をするってわけでもなく本を読んでみたりのんびり

する事に費やします。その「のんびりした時間」にはそれだけの価値が有る。

選択肢を捨てる

自分がこだわりたい事をクリアにして、それ以外に関して極力頭を使わないようにする

という考え方です。「時間」を興味のないものにまでいちいち使っていたら

本当に集中したい大切な事に使えなくなってしまうので。

僕は服は好きなのですが、通勤時の服装は春秋、夏、冬の3パターンあって

ここ3年くらい同じものを着ています。

また、1年の最後に下着は同じ種類のものをまとめて10着近く買います。

僕にとって休日のお出かけや稀のデート以外、服装に悩む時間は「無駄」なので。

キングコング西野さんは「食事」を選ぶのに悩みたくないからチェーン店の蕎麦屋しかいかないそうです。

僕にとって大事な事は「仕事」「食事」「日々の晩酌」なので他は結構どうでもいい。

 

物、時間、思考の無駄を「捨てる」ことでやりたいことや必要な物がクリアになって

本当にやりたい事とするべき事が見えてきます。

そしてそこに極力100%の集中力を常に発揮するようにすることで

「成功」する人は人より優れた結果を出せていると確信しています。

僕は最近の引越しの際にテレビを部屋から取り除きました。

帰ったらまずスイッチを入れる事が癖になってしまっていて

実際には特に見たい番組などもなかったのですが「当たり前」になってしまっていて。最初は落ち着かなくて、ネット動画などを見てしまいましたが

今はそのなんとなくで当てていた時間をブログに費やしています。

そして本当に見たい番組があればネット動画で大抵見れますが、ほとんど見ません。

という事は探してまで見たい物ではなかったという事で

なんとなくテレビを見るという時間はやっぱり無駄だったのだと実感しました。

自分の捨てるべき事についてはこれからもずっと見直しを続けて

いつか成功者になるための行動や意識をまず育て、

いつでもやりたい事、やるべき事に全力投球で向かっていこうと思います!