ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

憂鬱で嫌な事への向き合い方!ぼくのブラック起業での仕事を支えた5つの対処法

仕事術 言及

こんにちは、「元佐川男子」で「元料亭板前」と変な経歴を持つ、ぼり@板前ブロガーです!

 

きっと今この記事にたどり着いた方は疲れている、悩んでいる方だと思います。

ぼくは現在、会社員の生活を辞めて個人事業主としてお仕事をしていますが、会社員時代は人間関係や職場の環境など、さまざまな問題とストレスを抱えた生活をしていました。

 

今回は体力的にも精神的にも色々と追い詰められるブラック企業で働いてきたぼくだからこそ言える、現代社会でストレスに感じる事に対しての対処法を5つに分けてまとめました。

 

今悩んでいるあなたの、何かの参考になればと思います。

 

⑴嫌な理由について追求する

仕事に行くのが嫌だ!って言葉、よく耳にするのですが理由は人それぞれ。

人間関係、業務内容、雇用関係などみんな色んな悩みを抱えています。

 

だけどそれをひとくくりにして「仕事が嫌だ」っていう事はありません。

 

お給料に納得できていなくても接客業が好きな人もいれば、納得のいく給料を頂いていても職場での対人関係に悩んでいる人もいますよね。

 

もうひとつ掘り下げて、具体的にどういうところが「仕事が嫌」なのか。

 

まずは自分自身としっかり対話してみる事によって「嫌な事」と「好きな事」が明確になってきます。

 

明確になった「嫌な事」を除けば「好きな仕事」かもしれません。

 

だとしたら「嫌な事」に押しつぶされている自分のプラスな感情がすごくかわいそうなので、まずはやっぱり「嫌な事」を追求する事から始めましょう

 

⑵自分の得意なこと、好きなことを見極める

例えばぼくの板前の仕事で考えてみます。

ぼくは正直、料理をすごく好きな訳ではありません。料理を作って人が喜ぶ場面や思い出に残る1日を「料理」を通して提供できることが好きなんです。

 

こんな感じでまず、自分の嫌なことを理解した上で、自分の好きなことをしっかりと理解すること。

 

そうすれば本当に自分が何がしたいのかがハッキリしてきます。

 

⑶自分を知る

そうはいってもそもそも自分という人間がどんな人間なのか。これを理解している人ってそう多くはないと思います。

 

いろんなことについて考えることが好きなのか、どんどん思いついたことを試してみてそこから新たに次の行動を生み出していくのが好きな人なのか。

 

どちらが良くてどちらが悪いなんてことはありません。

これは今まで生きてきた中でつちかわれた自分の特性です。

 

ちなみにぼくは考えすぎると行動する前にイヤになってしまうので、

行動:思考=6:4くらいの割合で捉えています。

 

今この記事を読んでいるあなたは自分の特性って理解できているでしょうか?

 

自分はこんなことが得意で、こんなことは向いていない。みたいに自分のことを言葉に表せない人は自己診断ツールとかに頼ってみるのはかなりオススメです。

 

リクナビネクスト「グットポイント診断」

大手求人サイト「リクルート」の提案している無料診断ツールで、転職希望者の方にまずは自分の性格を理解してもらう為に作られたプログラムなのですが、かなり本質をついた答えにたどり着けます。

 

こちらの記事に詳しい説明や実際にぼくが受けた結果とかも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

⑷もう1度だけ、ちょっと深く向き合ってみる

自分は一体何が嫌で何が得意なのか、自分は一体どんな人間なのか。

自分と向き合って理解し、人からのアドバイスを貰ったら勇気を持って向き合ってみてはいかがでしょうか?

嫌なことに面と向かい合うのはすごく体力がいることです。もしムリだと判断したら逃げたって構いません。むしろ何度でも逃げていいとぼくは思っています。

ただ、ちゃんとした現実を見ずに「なんとなく」向き合わないというのは、後々自分の人生にもずっとついてまわります。

 

案外簡単に解決するかもしれないし、嫌な事が決定的に浮き彫りになるかもしれません

 

だけど日々を悶々とした気持ちで過ごすよりは何倍もマシなんじゃないでしょうか?

嫌な事に向き合わず何の意味も生み出さない「我慢」を続けるよりはずっと気が楽になると思います。

また1歩踏み出すという行動によって必ず現状は変化します。

 

何もせずにただ迷って心を消耗するくらいなら当たって砕けろ!くらいの気持ちで行動する事でその先の「光」のようなものに辿りつけるかもしれませんから。

 

やってダメならきっぱり諦める

実際に行動を起こしたら、全てがいい方向に向かうとは限りませんがそこから自分の行動を考えればいいんです。

 

その1歩で少しでも解決に向かう事が出来たのであればもちろん大成功だと思うし、逆に立場を悪くしてしまったり、当たって砕けてしまったときは思い切って逃げ出せばいいんです。

 

逃げると聞くとマイナスなイメージが浮かび上がりますが大事なのは自分の気持ちであって何もせずにただ向き合う事を恐れて逃げるような事をするよりは向き合ってみてだめだったら諦める方が自分の次に繋がります。

 

やった後悔は将来、気持ちよく消えていってくれるけど何もせずに逃げ出すやらなかった後悔は一生残るので当たって砕けて、諦めて逃げ出す。

 

スッキリして改めて「挑戦するマインド」さえ持っていればいくらでも新たな挑戦は可能だと思っています。

 

 

⑸いつでも逃げられる状態を作っておく

とはいえやっぱりただ問題にぶち当たるのは危険です。

 

解決できればそれでいいかもしれませんが、全ての物事が挑戦するだけでうまく解決するのであれば恐らく誰も悩み事なんて生まれません。

 

だから「もしだめだったとき」ということもしっかり考えて行動するほうが、ダメだったとしても

「まぁ、やってみてダメだったんだからしょうがないか!」

と気持ちをちゃんと持ち直すことができます。

 

なのでやっぱり、現状の維持が難しくなったときのためにも転職サイトなどに登録しておくのは無難な選択です。

 

日頃から求人などを覗いてチェックをしておくだけでも現状とは別の「視野」を持つことができます。

 

もし先ほど紹介したグットポイント診断を行っていたのであれば、自分の強みに合った求人を探すことができるので、ぜひおすすめしたいです。

まとめ

嫌な事ってやっぱりどうしても嫌です。

 

ただし何が嫌なのかを理解して自分なりの対策を打って現状のマイナスを変えていく事によって未来は確実に変わってきます。

 

だからこそ勇気を持って向き合う事。その上で、逃げ出す事も含めて自分が笑顔でいられる選択をする事で憂鬱というのは減っていくのではないでしょうか?

 

少なくともただ毎日嫌な気持ちになって愚痴やお酒で流すような生活をしていても誰も自分の未来を良いものにはしてくれません。

 

明日また笑って過ごせるように、ただ悩んでいるのではなく行動によって自分の幸せを掴み取っていければいいと思います!

 

以上、ぼりでした!