ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

マイボトルは水筒じゃない!「ボトル」「タンブラー」の違いとそれぞれ絶対オススメの1本を紹介!

愛しのスタバ 紹介

どうも、ぼりです!

 

先日6年間愛用した、かなり初期タイプのスタバステンレスタンブラーのプルタブ?部分が破損しました。

 

 f:id:boriesy:20160301003443j:image

そこから新たな相棒を探し求めて色々見てみたのですが、タンブラーなのかボトルなのか。数年前から比べてさまざまなものが出回りすぎて、もうよくわかんなくなっちゃいました。

 

そして、色々調べた上でようやくぼくの心を射抜くボトルと出会う事ができました!!

 f:id:boriesy:20160301003555j:image

 もうコレ、めっちゃ愛してます。

コチラのボトルについては後ほど紹介させて頂きます。

 

今回は普段タンブラーを使わない方、「そもそもマイボトルとタンブラーの違いって何よ?」

って方から今まさにタンブラーを探しているという方まで、ぼくが実際のモノを見て調べながら好みのモノを探し、購入にたどり着いた「タンブラー」についての魅力と要点をまとめました!

 

 

マイボトルってそもそも何?

マイボトルは、オフィスや学校などの外出先で使う自分専用の飲料容器のことです。
マイバッグやマイ箸など、エコや省エネのための「マイ○○」と同じもので、水筒やタンブラー、ジョッキ、カップ、湯のみなどをまとめて「マイボトル」「マイカップ」といいます。

 

マイボトルの魅力とは

まずはマイボトル持つこと自体のメリットをご紹介。

  • 飲みたいコーヒーの保温ができる
  • ゴミがでない
  • 安全に持ち運べる

 

とまあ色々あるのですが、そんな事は置いておいてとにかくオシャレです。

 

プラダを着た悪魔にてスタバのコーヒーを持ちながら交差点を渡るアン・ハサウェイ

に憧れて六本木ミッドタウンの交差点を渡る人も少なくないでしょう。

f:id:boriesy:20160301012909j:plain

 

これは間違いなく素敵です。

 

しかしながらその手に持つもが自分だけのオンリーワンなマイボトルだった日には

その魅力はさらに倍増します。

 

なんならもう中身は水でもかまいません。その持ち歩く姿に意味が宿ります。

ぼくみたいなミーハー野郎がいるから世の中にさまざまなタンブラーがでちゃうんですね。

 

 また、スタバではマイボトル持参の人には20円引きのちょこっと嬉しいサービスもあります。

 

それでは実際のモノを紹介していきます!

ボトルとタンブラーの違い

マイボトル自体は大きく分けて「ボトル」と「タンブラー」に分類されます。

ボトルタイプ

http://kuraberuto.info/contents/wp-content/uploads/2015/02/mag-img8.jpg

 

http://kuraberuto.info/contents/wp-content/uploads/2015/02/mag-ric4.jpg

 

ひとことで表すと「コンパクトな水筒」です。マグカップ感覚で飲める飲み口が特徴。

口をつけて直接飲むことができる水筒のようなイメージです。

ぼくが今回購入したのはコチラのボトルタイプのものにあたります。

 

ボトルタイプの特徴
  • ストレートなものが多く、フタがついているので持ち運びに強い
  • シンプルな構造なので洗いやすい
  • フタがネジ式のものが多いので中身が漏れにくい
  • サイズがメーカーによりさまざまなので、スタバなどに持って行くときは内容量を確認しておかなければならない
  • ほとんどの製品が魔法瓶なので保温力が高い

といったものが挙げられます。全体的に実用性に長けていますが、見た感じが水筒のように思われることが多いので、デザインもしっかり見て選ぶ必要があります。

 

オススメマイボトル

ぼくが今回購入したのはコチラです。

 

ステンレスで保温に優れていること、これまで同じようなボトルを持っているひとがいなかったこと、ロゴデザインがカッコよかったことが決め手となりました。

実際に使ってみて感じることとしては、中が深くて手が入らないので水筒用のスポンジが必要になります。

あとはステンレスなので中が見えず、残量がわかりにくい。

 

ですが、持っていればだいたい感覚で残量はわかるし、100均に行けば水筒用のスポンジは手に入れられるので問題は解決します。

 

タンブラー

http://kuraberuto.info/contents/wp-content/uploads/2015/02/mag-img1.jpg

もともとタンブラーは、上に向かって広がるデザインのグラスのことだそう。

蓋が回転式だったり、タブロック式だったりと種類はありますが、つまり保温力のある持ち運びのできる「カップ」なんです。

これを踏まえるとぼくがこれまで使っていたスタバのものは「タンブラー」に該当します。

 

タンブラーの特徴
  • とにかくバリエーションが豊富。
  • 職場がオフィスの方たちであれば、その場でインスタント製品等で飲みたいものを飲みたいだけ、マグカップの気分で作る事ができる、また持ち歩きの際も軽い。
  • フタがワンタッチ式のものが多いので、飲み物を入れたままカバンに入れる事は厳禁
  • とにかくオシャレ。マイタンブラーを持っているだけでワンランク上のコーヒー好きである事を周囲に知らしめる事ができる。(真面目)

 

ぼくは元々持ち前のミーハー精神からスタバのステンレスタンブラーを利用していたのですが、人とはかぶらない「オンリーワン」を求める気持ちと実際の利用スタイルがボトルタイプの方が適していたので今回のボトルタイプに決めました。

 

オススメマイタンブラー 

こちらは今年(2016年)に発売されたこれまでとちょっと構造が変わったタンブラーです。

これまでのものはぼくが最初に載せた写真のように、フタを被せてロックするものだったのですが、スライドタイプのものに変わりました。

 

これにより、カバンの中に入れて持ち運んでも、カバンの中身とぶつかってフタが空いしまうという可能性がかなり下がりました。 

 

 まとめ

 いかがだったでしょうか?

ぼくは新しい相棒を職場で「牛乳瓶みたいなボトルだね」と言われて1日ヘコみました。

 

ですが、実際の使い勝手と自分の好みに合った「シンプルかつスタイリッシュ、そして洗いやすさ」の実用性とデザイン性を含んだこのボトルをめちゃくちゃ気に入っています。

 

結局は好みという事です。

 

皆さんもどうか自分の生活と好みにあったマイボトルorタンブラーに出会って素敵なコーヒーライフを楽しみましょう!

 

以上、ぼりでした!