ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

僕が折りたたみ傘を常に持ち歩く人とは仕事したくない3つの理由

言及

ぼりです!

 

都内は連日雨が降りそうで降らない日が続いていますね。

僕は自転車で通勤しているのですが、結構「折りたたみ傘」を携帯している人

がいるようです。

 

タイトル通り準備万端の彼らとは仕事がしたくない理由について

f:id:boriesy:20160310081415j:plain

 

 「念のため」が過ぎる

予測できない事態への対策、予防は確かに必要です。

ですが起きてもいない不足の事態に対してとにかく準備を怠らない人

って結局機動力にかけているように感じます。

 

持ち歩き傘もあくまで降りそうで降っていない日に持つのであれば

わかるのですが、かばんに常に入れている状態に満足してしまっている人って

無駄が多いんです。

 

なんでもかんでも備えすぎて結果毎日の荷物が増えてしまっている。

僕は仕事の出勤時、財布と携帯とタバコ、あとタンブラーに入れたコーヒーしか持っていません。

もちろん、業種によって毎日の仕事に使うもので必ず日々携帯しなければならないものは存在すると思います。

だけどかばんの中身を見てみてこれって本当に毎日かばんに入れている必要ある?ってものがある方は1度考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

備えあれば憂いなしとはよくいいますが、

大抵のものはコンビニで手に入る程度で世の中に備えられている気がしてなりません。

 

いつか使うかもしれないという無駄

こういう性格の人って多分

「いつか使うかもしれないから」といって

家電製品の箱とかも全て押入れとかにまとめて保存しておく人だと思います。

 

僕は最近はやりのミニマリストと呼ばれるほどではありませんが

判断基準として「1年以上使わない」と思ったものに関しては

衣類、電化製品、食器などジャンルに関わらず全て捨てる事にしています。

 

考えてみてください。あなたが過ごしている1番快適なリビングの空間。

その空間と同じだけ、もしくはそれ以上に「使わないもの」を保存するために

空間を占領しているのであれば

その押入れにも、リビングの居心地のいい場所にも「同じだけの家賃」を払っているんです。

 

僕はちょうど実家を離れて一人暮らしを始めた頃からこの考え方になりました。

土地が余る程にある環境では考えもしませんでしたが

身の回りにモノが溢れていない生活になってからは

とにかくスッキリしているので本当に良かったと思っています。

 

何が本当に「もったいない」のか

世界共通語として日本語の「もったいない」が一時期注目されました。

日本語にしかない「もったいない」が、世界の共通語に。 | SwinginThinkin

記事中にもあるのですが

この言葉は3R+Rと言われていて以下の意味がこめられています。

  •  Reduce(ゴミ削減): Produce less waste.
  •  Reuse(再利用) : Use things over and over for a long time.
  •  Recycle(再資源化): Spread things around so they can be used repeatedly.
  • + Respect(尊敬): Respect people who value the MOTTAINAI concept.

これらに込められた意味はとても素晴らしいと思います。

再利用や再資源化は近年特に大切にする項目です。

更に尊敬。自分がもっているものに対してももちろん。

大切にすべきものは大切にしていけばいいと思います。

 そして1番最初の「ゴミ削減」についてなのですが

モノに溢れている人ってそもそも本当に必要だと思って

そのモノを手に入れているのでしょうか?

極論かもしれませんが

そもそも「いらないモノを買わないこと」でゴミ自体を発生させない。

その上で「必要だと思った時に買えばいい」と僕は捉えています。

 

前項目の家賃の話がまさにコレなのですが

9割使わない無駄なものに対家賃を払い続けるくらいなら

大抵のものは買った方が安いようにも感じるので、

僕からしたらいらないものに使う「場所」と「労力」がもったいないです。

 

まとめ

ただの「持ち歩き傘の常備」というところから環境問題にまで飛び火してしまいましたが、やっぱり思うことは何でもかんでも備えていればいいてものじゃないということです。

必要なものを必要に応じて持つための判断をすることは

仕事においてもとても重要なのではないでしょうか?

 

モノをなんとなく捨てられないという方は1度

本当に必要なのかどうか。を改めて考え直してみるだけで毎日の生活がすっきりするかもしれませんよ!是非お試しください。

 

以上、ぼりでした!