ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

板前がふぐのフルコースを新婚さんの新居で振舞ってきた

ぼりの出張調理
 

ぼりです!

 

先日の記事に書いたコチラ

 

boriesy.hatenablog.com

 3月13日(日)に実際にお伺いしてきました!

 

今回は友人からの依頼だったのでしっかり甘えて

今後のサンプルのためにも料理写真を残してもらっていたので

参考として書き起こします!

f:id:boriesy:20160315012300j:plain

出張料理「ふぐ会席」

献立一例

  1. 先付け ふぐ皮と水菜のサラダ
  2. 前菜  ふぐ料理と季節の品、3点盛
  3. 揚物  ふぐカマと季節の野菜のから揚げ
  4. お造り ふぐ薄造り、タタキ
  5. 変り種 ふぐのひれ酒
  6. メイン ふぐちり
  7. お食事 ふぐ雑炊

 

今回の実際の料理を紹介します!

 

 先付け

ふぐ皮と水菜のサラダ

あっさりとして食感の良いふぐの皮と水菜をポン酢で和えてアクセントに紅おろしを加えて少しピリ辛にしました。

f:id:boriesy:20160315003959j:image

前菜

写真入手失敗!!

ふぐの粕漬け、ふぐの煮こごり、ホタルイカの生姜煮でした…

ちなみにふぐ皮のサラダの横にあるのが唯一写り込んだ「ふぐの粕漬け」です…

 

揚げ物

ふぐカマとアスパラのから揚げ

写真左に添えてある岩塩で頂くことでふぐの味をしっかりと味わうことができます。

 

f:id:boriesy:20160315004103j:image

お刺身

ふぐの薄造り、タタキ

よく見るやつです!1枚1枚食べずに3、4枚ごっそり贅沢に頂く方がふぐの味が口に広がるので個人的にはオススメ。また、ふぐのタタキはまわりを炙った焼き目から良い香りが口に広がります。

f:id:boriesy:20160315004116j:image

変わり種

ふぐのヒレ酒

写真にはうまく映り込みませんでしたが

ふぐのひれを熱々の日本酒の表面でマッチの火にかけることで火が起こります。

その火で軽くふぐのひれを炙り、ひれの香りを熱燗に染み出させて飲むのが

ひれ酒です。

好き嫌いは分かれますがクセのある日本酒が好みの方は何杯もお代わりされます。

f:id:boriesy:20160315004138j:image

ふぐチリ

ふぐのアラ、春菊、しいたけ、白菜、大根、人参、長ネギ

定番の鍋材料を昆布とふぐの骨から出る出汁とポン酢で召し上がってもらいました。

f:id:boriesy:20160315004157j:image

完成形

f:id:boriesy:20160315004215j:image

お好みの食材を取り分けます。

f:id:boriesy:20160315004226j:image

 

ふぐ雑炊

最後の〆はポン酢と塩で味を整えて

卵で閉じた雑炊。鍋に入れた食材かた出た優しい出汁が胃に優しい。

f:id:boriesy:20160315004242j:image

最後にまだ食べられるとの事だったので冷蔵庫にあった

鶏モモを頂戴して「鶏のから揚げ」もサービス。

これは思いつきだったのですが柔軟に対応してこれからもサービスとしてやっていこうと思います。

醤油とチューブニンニク、白胡麻をお借りして

居酒屋風の味に仕上げました。

f:id:boriesy:20160315004254j:image

f:id:boriesy:20160315004301j:image

しっかり満足して頂けたみたいでこっちが嬉しくなりました!

f:id:boriesy:20160315004325j:image

また最終的に僕もビールをいただきました笑

一仕事終わった後のビールは最高においしかったです!

ごちそうさまでした!!

f:id:boriesy:20160315004311j:image

こんな感じで第1回目の出張調理、無事終了しました。

反省点を含め、献立などこれから色々バージョンアップしていきます!

 

今回のご注文は僕が用意する中でも1番の高額料理である「ふぐ会席」でしたが

他にも1000円でご自宅にあるものを調理する「まかないサービス」

などもやっておりますので下記BASEショップより、是非ご覧ください!

boriesy.thebase.in

 

以上、ぼりでした!