ぼりログ

MENU

【居酒屋・バー】ひとり飲みの楽しみ方は店主と喋るだけじゃない

f:id:boriesy:20160324004842p:plainこんばんわ、ぼりです!

 

近年流行りの「ひとり飲み」ですが、「挑戦してみたいとは思っているのんだけど…」という人って、実は多くいると思います。

しかし、下記のような不安でなかなか挑戦できない人がいることも事実。

 

  • 過ごし方がわからない
  • 店主さんと喋らなきゃいけない?
  • そもそもなにが楽しいの?
  • 1人で行くのってなんだか恥ずかしい

これはびおく自身が、一度もひとり飲みをしたことがなかったときに感じたことです。

だからこそ、ひとり飲み歴が10年近くになった、ぼくなりの見解で初挑戦までの道のりから通な楽しみ方の一覧を作ってみました!

  2つに分かれるひとり飲みのタイプ

まず最初に、人によって「ひとり飲み」のタイプが違います。

 

  • 新しい発見を求めていたり、いろんな人とすぐに仲良くなれるタイプで、店主や隣の席のお客さんとの会話を楽しみたい「ワイワイ系」
  •  みんなと飲む時間とは別に、ひとりでゆっくりした時間を過ごしたい「しっぽり系」

 

ちなみにぼくはひとりで飲む時は自分の時間を大切にしたい時なので「しっぽり系」にあてはまります。

 

ひとり飲みのメリット・デメリット

ぼく自身、友人との「飲み会」のような場面が大好きなのですが、ひとり飲みは全く違った楽しみ方ができるので僕は両方大好きです。

その中でも感じるメリット・デメリットを記しておきます。

 

メリット

  • 自分の好きなものだけ好きなタイミングで一品一品注文できる
  • 飲むペースを気にしなくていい
  • 時間を気にせず好きなタイミングで切り上げられる
  • キャパの小さいお店であってもすんなり入る事ができる
  • カウンターのお店であれば調理風景などもみる事ができるので料理ができあがるまでのプロセスを楽しむ事ができる

全てに共通して言える事が「自分の好き勝手にできる」という事です。

 

付き合いの飲み会に疲れている方は「ひとり飲み」に挑戦してみる事で新たな「飲み」の楽しさを発見できるかもしれません。

 

また調理段階の食材を見て出でくる料理を待つという事自体が待つ楽しみにつながるので料理をより一層楽しむ事ができるのもとても大きなメリットと言えるでしょう。

 

もちろんデメリットも幾つか存在します。

デメリット

  • 多くの種類を注文できない
  • 「割り勘」よりは若干お会計が高くなりがち
  • 普段の生活を知っている人が同席している訳ではないのでよっぽど常連となったお店を作らない限り「身の上話」を深く理解してもらう事はあまりできない。
  • 急に寂しくなる事がある笑

大人数での飲み会であればあまりメニュー選びは気にしないと思います。

しかし、ひとり飲みの場合は全てが自己責任なので、ボリュームが多いお店とかだと1品だけでも結構お腹が膨れる事があります。

 

メニュー選びはシビアに行いましょう。

 

また「寂しさ」を埋めたくて「ひとり飲み」に行くと、そもそも自分の現状の説明なんかから店員さんに喋らなくてはいけない上に、あまり伝わる事はないのでそういう気分の時はかえって「ひとり飲み」は向いていないかもしれません。

 

ひとり飲みは全く怖がらなくていい

「ひとり飲み」に挑戦できない人の多くが、周りからの目を気にしている人が多いです。

 

店員やまわりの客から「あの人、一緒に飲みにいく人いないんだ…」って思われるのが嫌で挑戦ができない。

 

ぼくも昔そうだったのですが、いい意味としてハッキリ言っておきます。

 

誰もあなたの事は気にしていません。

 

ぼくは普段、店員側として飲食店に立っているのですがひとりで来店されるお客さんは単に「1名様のお席」でしかありません。

 

まわりのお客さんからしたら正直、空気と同じ程度にしか捉えていないといっても過言ではありませんのでまわりの目が気になってなんとなくお店に入るのをためらっているという方はその「自意識過剰」な心はすぐに捨て去って問題ありません。

 

またひとりで入店したからといって店員さんと無理にお喋りをする必要はありません。

 

飲食店はあくまでお客さんが気持ちよくお酒や食事を楽しむ場所ですので自分がリラックスしていればいいのです。

 

「ひとり飲み」の最強の楽しみ方「読書」

店主の方と喋るつもりがなくてももちろん大丈夫。

自分の時間を大切にする為、ぼくは読書をして過ごすことがほとんどです。

 

居酒屋に小説を持ち込んだりすると、なんだか人目が気になったりしてしまいがちですが、スマホやタブレットであれば、周りから見ても全く違和感はありません。

 

また、店主の方もスマホを触っている人にわざわざ喋りかけたりしてこないので、自分の時間として楽しむことができます。

 

電子書籍のサービスは色々と試してみたのですが、Kindleアンリミテッドがダントツで書籍数に対しての価格の満足度が高いです。

メジャーな雑誌から、マンガ、小説まで、漫画喫茶並みの書籍数を揃えています。

初月が無料なので、ぜひ一度試してみてください。

 

   

 

「ひとり飲み」は最高のストレス解消方法

いろいろと記載しましたが大人数での「飲み会」であっても「ひとり飲み」でもやっぱり帰り際に「来てよかったな」と思えるのが理想だと思います。

 

もし普段、会社の付き合いでばかり「飲み」に行っている方こそ「ひとり飲み」をオススメしたいです。

 

また僕が個人店で働いている時にいたお客様で接待で利用して頂いて、ゲストのお客さんをタクシーまで見送った後にまた店に戻ってきて会社経費のままひとり飲みを楽しむなんて裏技を使う人もいらっしゃいました。笑

 

ともあれ、ふだん大人数でしか行かないお店にひとりで伺ってみると知らなかった魅力を発見できたりするので自分の好きな場面に応じて使い分けてみるのもいいのかもしれませんね。

 

以上、ぼりでした!