ぼりログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

厳しいのがイヤなら板前修行は辞めておきましょう

板前の世界

 

f:id:boriesy:20160803213837j:plain

ぼり@板前ライター (@borilog) | Twitterです!

 

ぼくは大阪の個人割烹店に2年つとめた後、上京してつとめた料亭を4年でやめました。いまは修行を再開するまでに自分で生きていけるだけのお金を自分で稼ごうとがんばってます。

 

ぼくはこれまでの板前の世界での体験をもとに「板前の古い価値観や風習はさっさと変わっていかなければならない」ということをずっとこのブログに書き続けてきたのですが、以前後輩に言われた言葉から自分がこのブログで伝えたいこととは違う形で伝わっていたようなので、しっかり訂正しておきたいと思います。

 

板前の世界が厳しいのは当たり前

この事実についてです。「板前の世界は厳しすぎる」というような相談をもらったことがあるのですが、その後もその後輩に甘く接することはありませんでした。

どちらでも構わなかったのですが、今もその後輩は板前修行を続けているようです。

 

板前の世界は厳しいです。ふつうに引っ叩かれたりします。怒鳴られるし、ときには仕事を取り上げられたりします。

 

そしてぼくも正直言って後輩にはそれなりに厳しく接してきました。

あまりにもひどい時は手が出たこともあります。事実です。

 

それはなぜか。

 人が食べるものを作っているからです。

 

美味しければ明るい気分になるかもしれないけれど、当然不味かったら気分も悪くなります。

 

それだけならまだいい。

 

人が食べるということは極端に言えば人を殺すこともできます。

衛生面、お客様が持つアレルギー、ふぐなどの特殊な技術が必要な料理。

 

それらを扱うときに「こんなもんでいっか」はぜったいに許されません。

 

もしその気分で食べ物をつくる仕事にかかわり続けるつもりなら、今のうちに意識を変えなければいけない。もしくはさっさと辞めてしまった方がいい。

 

板前の古い世界観はなくなればいい。でも厳しさはなくなっちゃいけない

板前というか、技術職の世界では割とよく見かけるのですが、

  • 先輩より早く来て、遅く帰らなきゃいけない
  • 仕事と関係ないようなことまで「修行」という一言で押し付ける
  • ただの年功序列

こういう何の意味もない「昔からの風習」みたいなものはさっさとなくなればいい。

 

本気でそう思っています。

実際に先輩に直接伝えたこともあります。

そしたら「そんなにこの世界がイヤならやめてしまえ」と言われましたが、「和食は好きだけど、板前の世界観がキライなだけです」とお伝えしました。

 

そしたらめっちゃ嫌われました。笑

 

ぼくが板前修行をやってこれたのはたまたま

ぼくは上記のようなことには全力で歯向かってきたので、先輩とでも割とモメることが多かったけど、毎回ぶつかってたらいい加減?あきれられるのか諦められたのか、何も言われなくなったので、なんとか修行を続けてこられました。

 

でも、ぼくみたいにいちいち反撃する人ばかりじゃない(というかほとんどの人はこんな生き残り方選ばない)ので、ムダにストレスを溜めるか、イヤになってやめていく。

 

ぼくは料理が好きでこの世界に飛び込んだ人が、先輩からのイジメみたいな「くだらないこと」で諦めていくのが本当にイヤです。

 

ぼく自身、気に入らないというだけで後輩を潰しにかかってくるような職場に当たっていたらやめていたかもしれない。(実際に存在します。そんなお店に当たったらさっさとやめましょう)

 

それはまちがっていると思うし、そんな場面を目撃したときはしっかりと目の前にいるひとには、ぼくが助けられる程度のことなら手を差し出します。

 

でも、「厳しい」からイヤだって言うならそこで辞めることも視野に入れてお話させてもらってます。

 

好きならやればいいと思う、ちゃんとやるなら

ただ単純に厳しいのがキライなんて程度の気持ちの人はきっぱりとやめておけばいいと思う。

 

料理がヘタなら上手になればいい。衛生面の知識や板前としての技術が足りないのなら時間をかけて修行すればいい。

 

でもそこに向かう姿勢はすぐにでも変えられるし、整えなきゃいけない。

 

まとめ

きつい書き方になっていますが、ぼくが感じている事実です。

 

料理好きなひとが料理を仕事にするために修行をするのはすごく応援したいけど、間違いなく厳しい世界です。

 

ぼくはこれからも職人の世界の古い価値観には問題提起をしていくつもりですが、「厳しいこと」が我慢できないなら料理に関わることを仕事にするのはやめたほうがいい。

 

いつか好きではじめたはずの料理で人を不幸にする。

 

以上、ぼりでした!