ぼりログ

MENU

キレイな文章を書くことに頑張り過るのを諦めました

ぼりです!

 

ぼくは去年の11月からブログをはじめて、今まで130記事を越える記事を書いてきました。

その中には「板前に必要な知識」とか「大切な言葉」みたいな記事もあれば、「コンパ必勝法」みたいなクソみたいな記事もあります。

 

でも、なんだかんだいっぱい記事を書いてたら、けっこうたくさん読まれる記事もあって、なんか勝手に「いろんな人の目に触れてるんだからちゃんとした構成にして立派なブログ書かなきゃ」って思っちゃったんです。

 

そしたらなんか、最近のぼくのブログ記事見たら、自分で読んでて「おもしろくないな」って思いました。

 

それが昨日の話です。

 

文章には人間味が出るはずのにムリヤリ自分を抑えつけてました

「いろんな人に読まれても恥ずかしくないように」みたいなことを気にして書いてたら、「こんなこと書いたらあの人の気分悪くするかな…」とか「あんまり断言するのは勘違い野郎みたいでなんかイヤや」とかって考えてしまって、当たり障りのないことしかかけなくなってました。

 

結果的にできた文章は何の面白みもない、誰でも書けるただの普通なブログ。

 

当初は言いたいことや誰かに知ってほしいことがあってはじめたはずなんに、勝手に自分のかきたいことの幅を狭めてました。

 

佐川急便から板前になったりするような変な転職経験とか、自分にしかない体験を書くのが楽しいはずなんに。

 

好きなように書くから、面白いと思ってくれる人だけ見てください

どうも昔から人目を気にしちゃう性格なので思い切りに欠けるんですけど、このブログではガンガン思ったことを書いていこうと改めて決めました。

 

自分の今の心境、宣言したいこと、もちろん知識の提供とかも含めて。

 

ブログってすごく便利で、文章に書き起こしているうちに自分の頭の中が整理されてくるんです。

自分で書いてるのに、「あ、俺いまこんなこと考えとったんや!」みたいな。

 

なので、思ったことはここにかきます。くやしいこともテンションぶち上がったことも。

 

じゃあ何か劇的に変化するの?っていったらそーゆーわけじゃないんですけど、もっと目の前の誰か一人に喋りかけるようにブログを書いていきたいなって。

 

さいごに

最近、ぼくは「ただ単に料理が好き」なんじゃなくて「料理を作ることでみんなが楽しむ場を作ることが好き」ということに気がつきました。

 

と、言うかほんとは薄々気づいていたけど、認めてしまったらいままで積み立ててきたものが崩れてしまいそうで怖かったから気づかないフリをしていただけです。

 

アラサーにもなって絶賛迷走中やけど、好きなように、みんなと楽しく過ごせる空間を作れる人になりたいです。

 

以上、ぼりでした!