ぼりログ

MENU

もし、なんでも夢が叶うって言われたらぼくはカラオケつきの一軒家で毎日BBQがしたいです。

ぼりです!

 

もし、なんでも望みが叶うなら、なにがしたいですか?

ぼくはカラオケが大好きで、BBQも大好きです。

 

なのでBBQしながら、腹ごしらえが終わったら屋内に入ってカラオケをして、歌い疲れたらそのまま畳で寝たいです。

 

幼少期だったらそれをそのままずっと夢と言い続けているのに、なんで大人になったら「それは幻想だ」になるのかなと。

 

もちろん現実があるから。

 

生きるためにはお金を稼がないと何もできないし、家庭を持ったら家族を守るためにも子供をちゃんと育てるためにも自分勝手には生きてはいけない。

 

じゃあぼくが思い描いたカラオケBBQライフは実現できないのか。

 

それは絶対いやです。

 

できない理由を自分にどれだけ並べても、理解はできるけど、納得はできません。

昔、欲しいと思ったおもちゃを母親に「なんで必要なの?」と聞かれて、何も答えられなくなった感覚と一緒だと思うんですけど、欲しいものは欲しい。

 

それでいいんじゃないかなと。

 

ぼくは今「大人」なので、好きなようにするにはその分の責任が伴います。

それをしっかり果たせるだけの実力みたいなものをつければ、好きなように生きれる。

 

変な話かもしれないけど、毎月30万円自動でもらえるんだったらどうする?って聞かれたら、今の生活を変える人っていっぱいいると思います。

 

仕事を辞める人、移住するひと、いろんなところを旅するひと、起業するひと。

 

何でもいいけど、たぶんそれが自分のやりたいことじゃないですか?

ぼくはカラオケとBBQを。冬には炭火であったまりながらストーブでぬくぬくしたいです。

 

この「したいこと」を「したかったこと」にしたくない。

 

今のこの生活をその現実に近づけられるようにゴリゴリに走りたいと思います。

 

以上、ぼりでした。