ぼりログ

MENU

当ブログのタイトルを「ぼりログ」から「ぼりちゅにてぃ」に変更しました

f:id:boriesy:20170831150846j:plain

こんにちは、当ブログの著者「ぼり」です。

 

なんとなく勢いで始めた当ブログも気づけば2年近くが経っていました。

 

そして、これまでずっと慣れ親しんできた当ブログのタイトル「ぼりログ」をこの度、変更することにしました。

 

その名も「ぼりちゅにてぃ」です。

 

いい感じにダサいですね。

 

もしよろしければ、このいい感じにダサいタイトルに込めた意味についての話におつきあいください。

 

先に言っておきますが、完全なる自己満記事です。

 

 

「ぼりちゅにてぃ」に込める意味

f:id:boriesy:20170831151200j:plain

ぼりちゅにてぃは、ぼくの名前である「BORI」と「opportunity」という言葉を合体させました。

 

「BORI×opportunity=ぼりちゅにてぃ」です。

 

 このフレーズが生まれたとき、「あ、もうこれしかないな」って思いました。

 

opportunity(オポチュニティ)とは和訳で「自分で掴み取った機会」という意味を持ちます。

機会といえば「チャンス」という言葉が有名かもしれませんが、チャンスには「偶然性」の意味も含まれています。

チャンスをものにするのは人生において、とても大切だと思います。

 

チャンスは当然、偶然だけで生まれるものではありません。

まずは自分で機会を取りに行く貪欲さや泥臭さが大切だなって思ってます。

 

日頃からそう言った「機会を掴み取りに行く」という意識を大切にしたいという思いから、この言葉をブログのタイトルに入れました。

 

そして、opportunityにはぼくと読者の方の双方にとっての意味を込めています。

 

ぼりにとっての「おぽちゅにてぃ」

f:id:boriesy:20170831152029j:plain

このブログはこれまで「ぼりログ」として、ぼくの泥臭い部分、挑戦や失敗、たまには感情が爆発したことなど、ぼくの実体験から来る「経験」や「学び」を書き(殴って)記してきました。

 

過去の挑戦、失敗、泥臭い、感じの記事

これからは新たなコンセプトとして、実際の行動の中でぼく自身が掴み取った機会、経験、勉強による「気づき」を当ブログ「ぼりちゅにてぃ」を通してお伝えしていきたいと思っています。

 

引き継いだロゴの出元

f:id:boriesy:20170831153617j:plain

ちなみにちなみに、ぼりログからも引き継いだこのロゴの話もちょっと聞いてもらえます?

この「BORI」の部分は、ぼくが新卒で就職したときに教育係をしてくれていた大好きな先輩が遊びで書いてくれたサインをイラストにしたもので、自分のものに名前を書くときは、だいたいこのマークをつけています。

もうかれこれ10年以上使ってます。こういうちょっとした思い入れっていいなって。

 

これまでずっと使ってきた「ぼりログ」のロゴは、がまたろうさんに作ってもらったもの。これからも使わせて頂きますね!

 

誰かにとっての「おぽちゅにてぃ」

f:id:boriesy:20170831151300p:plain

「自分自身では体験していないこと」を読んでくださった読者の方にお届けすることで、このブログにたどり着いた方に、本来の語句の意味である「自分で掴んだ機会」としてぼくのブログから得た学びなどがあれば(だいたいこのバカの真似はしないでおこうとかだと思いますが)利用して頂きたいと思っています。

電球は「気づき」、機械(機会)のアームはキャッチ、岩山は挑戦(乗り越える)、電波は「発信」を表現しています。

 

火星探査機「オポチュニティ(opportunity)」

f:id:boriesy:20170831150152j:plain

引用:wikipedia「オポチュニティ」より

実はこのopportunityという名前は火星探査機の名前にもつけられています。

ちょっと火星探査機「opportunity」の紹介をさせてください。

  • NASAが想定した耐用期間の10倍以上が過ぎた2014年8月現在も移動可能
  • 地球外の走行距離記録を塗り替えた
  • 2005年の4月末から6月始めにかけて、オポチュニティは走行困難な砂丘に突入し、いくつかの車輪が砂に埋まってしまった。6週間以上に渡って、地球上で実験を繰り返し、機能を失わずに脱出するための策が検討された。数センチレベルの緻密な作戦によって、オポチュニティは何とか脱出に成功し、走行を続けることができた。

 wikipedia:オポチュニティより抜粋

 

人間がいないところから情報を発信して、遠く離れた星にいる地球の人に火星の情報を送っている。なんかめっちゃ素敵やん?って思いました。

 

このブログでも、目の前にいない人にも、ぼく自身の体験や想いを発信することで、何かを得てくれたらなんかもう嬉しいなっておもってます。

 

当ブログ「ぼりちゅにてぃ」を通して

f:id:boriesy:20170720132445j:plain

ぼくは自分自身の人生を通して、人のきっかけになることや、心に残ることを目標に日々活動しています。 目の前の一人を大切にすることと同時に、自分のリアルな体験や思いが誰かの何かのきっかけや心に残ることになってほしい。

 

そんな思いでブログの発信を続けています。

 

すごーくすごーく誰得な話をここまで読んで頂き、ありがとうございました!!

今後とも当ブログ「ぼりちゅにてぃ」と「ぼり」をよろしくお願い致します〜!!