ぼりログ

MENU

【レビュー】エロいアイマスクのせいでぼくの人生は狂った

f:id:boriesy:20171014135747j:plain

 

「話すときは相手の目を見て話しなさい」

 

敬愛する母親の言葉を無視して失礼な態度で失礼します、ぼりです。

 

今、着用しているアイマスクですが、こいつによってぼくの人生は狂いました。

ところどころ「だまれデブ」と思う場面もあるかもしれませんが、ぼくの話に少しだけおつきあいください。

 

 

「人生変わるよ」の一言、アイマスクとの出会い

f:id:boriesy:20171014133611j:plain

 

 

 

 

 

それじゃ話しますね?

 

 

 

 

 

アイマスクに出会ったのはかれこれ1ヶ月前。

 

それまでのぼくは、寝る寸前までTwitterを眺めては意識の高いツイートを繰り返す、典型的なツイ廃(ツイッター廃人)でした。

 

ある日の他愛もない会話の中で、友人から「アイマスクは一度つけたら人生変わるよ」という怪しいツボを売りつけられるような紹介を頂きました。

 

「いやいや、ただ光を遮るだけでしょ…」と半信半疑ながらも、1000円ほどで睡眠の質が上がるのであればと思い購入。

 

友人のオススメにより購入したのはこいつです。

 

こいつはオススメアイマスクの比較記事で1位とかになってたので、そーゆーのに弱いぼくは迷うことなく購入。

 

 

f:id:boriesy:20171015150656j:plain

 

 

 

このアイマスクを見た友人からは「なんかエロいね」と言われました。

 

 

 

わずか1000円足らずのこいつを、実際に1ヶ月使ってから感じたこと、メリットとデメリットについて紹介したいと思います。

 

メリット

まずはメリットから。全体的に人間の「意志の弱さ」に向き合った内容です。

 

寝落ちスマホがなくなる

f:id:boriesy:20171014214352j:plain

写真のように、ぼくはこれまで寝る寸前までスマホを触る生活を送っていました。

 

ほとんどはツイッターしてるかキングダム読んでるだけなんですけど。 

 

 

しかし、アイマスクを着用していると、そもそも「スマホを触る」ということができません。

 

目の前の世界全てが真っ暗なので。

 

すると、わざわざアイマスクを外してまでスマホを触りたくなくなったのです。

 

スマホをいじるという行動を起こすまでに「アイマスクを外す」という、ひとつの作業が増えることで面倒くささが生まれた為。

 

究極のめんどくさがりのぼくは、スマホを触るのが面倒になったので「寝落ちスマホ」から卒業することができました。

 

「今から寝る」ってモードに切り替わる

f:id:boriesy:20171014214428j:plain

アイマスクを着用すると、眼前の世界が真っ暗になるだけじゃなく、その後の行為は「寝る」の一点のみ。

 

これを1週間くらい繰り返してみたところ、アイマスクをつけるだけで眠くなるという境地にたどり着くことができました。

 

単純な人間であれば、アイマスクをつけるだけで眠くなるというマインドセットが可能になるようです。

 

昼寝のときこそ最大限の効果発揮

f:id:boriesy:20171015150545j:plain

昼寝のときの一番の問題は「明るいこと」と「うるさいこと」だと思っています。

眠りたいと思っているときに明るいのは辛い。

 

でも、光を遮断しようと机にうつ伏せになって寝ると、目の周りに跡がついたり、腰が痛くなったりしますよね。(あと、ぼくは太ってるので息苦しいです)

 

ちなみにうるさいことに関しては、耳栓があればほぼカバーできます。

 

ぼくはアイマスクと共にきのこの山みたいな耳栓も購入しました。

  

 

睡眠に対して意識高いっぽい評価を受ける

ちょっと意外だったのですが、アイマスクを着用していることを周囲に漏らすと「睡眠の質を大事にしてるんだね」的な好意の目線を頂けます。

 

単純に嬉しいです。

 

デメリット

f:id:boriesy:20171014133508j:plain

もちろん、デメリットも存在します。

たった1点のみなのですが、割と死活問題です。

 

アイマスクなしでは生きられなくなった

人間にとって一番恐ろしい「依存」状態です。

ぼくはもはやアイマスクがないと不安になるところまで依存してしまったので、自宅用と外出用で2つ購入してしまいました。

これによって、外出先でも一旦眠るという行為ができるようになりました。

  

エロいアイマスクのせいで狂ったぼくの人生 

f:id:boriesy:20171014133300j:plain

もう、ぼくはこのエロいアイマスクなしでは生きられません。

外出先でも持ち歩いていないと落ち着かないことから、2つ目まで購入してしまいました。

 

  • 眠りの質が浅い
  • 寝る前のスマホが辞められない
  • 意識高くありたい(見られたい)
  • エロいアイマスクに興味がある

こんな方、共に依存しましょう。

 

 

ぼりでした。